歯周治療|佐世保の歯医者さん

歯周治療の用具

歯周病とは、古くは歯槽膿漏といわれ、成人の約80%がかかっているといわれています。歯垢中の細菌が歯と歯茎の間に入り、歯茎に炎症を引き起こし、さらには歯を支えている骨を溶かしてしまう病気で自然に治ることはありません。

歯周病は「静かなる病気」とも呼ばれ、自覚症状がほとんどないまま進行し、気付いたときにはあごの骨が溶け、歯がぐらぐらとし食事がしづらくなります。最悪の場合には抜歯に至るケースも少なくありません。

歯周病の予防は、「歯を守りたい」というご自身の意識と早期発見、早期治療がもっとも大切です。

歯科やまもとデンタルクリニックでは、院内で行うオフィスホワイトニングとご自宅で手軽に始められるホームホワイトニングの2通りの方法、もしくは両方を併用する方法でホワイトニングを行っています。

歯周治療例

歯周治療前
治療前

歯周治療後
治療後

【治療前】
歯のまわりの歯肉が腫れ、ブラッシング時に出血がありました。

【治療後】
歯肉がきれいに引き締まり、口臭などもなくなりました。

歯周病の治療は、歯肉の炎症の程度、歯を支えている組織や骨の状態を詳しく検査し、その結果により、ブラッシング指導、歯の表面の歯石除去、歯肉まで及んでしまった歯石の徹底的除去、薬物療法、歯周外科など多岐に渡ります。

歯周病は経過が長く、その経過を追っていくことがとても重要となります。 いったん完治しても、その後のメンテナンスを怠ると再発する可能性が高くなります。

当クリニックでは、歯科医師と専門の歯科衛生士が連携をして歯周病治療にあたっております。

治療方法やメンテナンスに関して、ご質問やご希望などございましたら、お気軽にご相談ください。

トップへ戻る